知的好奇心

こんばんは、ミュウです。 中間テスト対策の忙しさは終わっても、すぐに期末テスト対策です。 そしてそれが終わると、すぐに夏期講習に向けての忙しさ。 夏期講習が終われば、夏期講習から本格化する受験生の受験対策と北辰テスト対策が続くため、暇なんてありません。 このように、俗に言う「繁忙期」が、学習塾ではほぼ1年中続くわけです。 それなのに、現場の負担は増すばかりで、賃金は変わらないどころか下がる傾向に。 過労で倒れたり離職したりして人手不足になるのも当然ですね。 さて、今回の話題は知的好奇心についてです。 子どもの成長の中で、「何で?」ということを頻繁に発する時期があります。 「なぜなぜ期」とも呼ばれるそうですが、知識の少ない子どもが自分の知らないことに直面したときに、その知らないことを知りたくなって質問する。 これは人が本来持つ知的好奇心によるものだと思います。 知らないことを知ることに価値を感じれば、新しいことを知りたいと思い、それが勉強するモチベーションになります。 そのため、知的好奇心の高さと自分の能力を高める意欲は比例することが多いでしょう。 では、勉強への影響はどうでしょうか? 知的好奇心がなくても、テストの点数さえ取れてしまえば良い成績は貰えます。 そして、ご褒美に釣られて勉強を頑張るなど、知的好奇心がなくても勉強を頑張る人もいますから、必ずしも知的好奇心と成績が比例するとは限りません。 しかし私の経験上、知的好奇心の高さと成績の上がりや…

続きを読む

なぜ言ってはいけないのか

こんばんは、ミュウです。 さて、今回の話題は命についてです。 最近のニュースでは殺人事件の話題が多く挙がりますが、その中でも特に多いのが、川崎市の連続殺傷事件です。 通勤通学時間帯に、岩崎隆一容疑者が通行人や私立カリタス小学校のスクールバスを待つ児童を次々と切り付けました。 19人が被害に遭い、うち2人が亡くなり、岩崎容疑者も自ら首を切って死亡したこの事件。 無関係な人々が容疑者の身勝手な行動によって被害に遭われたわけで、許されることではありません。 この事件について詳しく書くつもりはありませんが、1つだけ書いておきたいのは、岩崎容疑者の家庭環境です。 岩崎容疑者の両親は離婚しており、親戚の家に引き取られて育てられたとのこと。 両親が子どもに与える影響については、過去に書いた記事「家庭環境が与える影響(1) ~子どもへの影響~」を参照していただきたいのですが…… 両親の離婚は子どもに多大な悪影響を与えます。 この事件で、「両親の離婚が原因だ!」「引き取った親戚の育て方が悪かったんだ!」などと言うつもりはありませんが、両親のどちらとも岩崎容疑者を引き取らなかったという紛れもない事実はあります。 そのため、両親の離婚が岩崎容疑者の成長に悪影響を与えた可能性は否定できないと思います。 さて、事件の内容についてはこのくらいにして、今回書きたい内容の本題に移りましょう。 最近の殺人事件を話題に話している生徒は私の勤務する学習塾でもいました。 しかし、その会話を…

続きを読む

責任転嫁の行く末

こんばんは、ミュウです。 5月も最終週になりましたが、皆さん5月病はいかがでしょうか? 5月病は、新年度開始の環境の変化とGWの連休で、連休後に職場や学校に行きたくないというものらしいのですが…… 塾業界では自宅で仕事詰めという方が多いでしょうし、5月は中間テストがあってその対策に追われるため、そもそもゆっくり休めるということがほとんどありません。 ですので私は5月病なんて無縁です。 その代わりに、年中休みがないので年中過労で健康を害していますが。 さて、今回の話題は責任転嫁についてです。 この話題は以前の記事でも書きましたが、気になる話題が世間を騒がせているので、改めてこの話題で記事を書こうと思います。 それは、NTG48の山口真帆氏が被害を受けた事件についての対応です。 私自身、アイドルは好きではありませんし、「AKB商法」とも呼ばれる売り方でCDを売って記録を作るこの系列のグループはむしろ嫌いなので、普通なら「問題が起こったのね」という程度で聞き流す報道です。 しかし、この問題の注目点はそこではなく、暴行被害を受けた山口氏に対する運営側の不誠実な対応が問題となっているわけです。 その問題点は、NTG48のメンバー内に、犯人に山口氏の帰宅時間などの重要情報を教えたとされる人物がいたという事実。 (ついでに、禁止されているはずのファンとの私的関係を持っていたメンバーの存在も明らかになったようです。) そして、そのメンバーに対する処分は一切せずに「事件の関…

続きを読む

スポンサードリンク