今年もありがとうございました

こんばんは、ミュウです。 2020年も今日で終わりです。 今年は新型コロナに振り回された1年でした。 集団感染、営業自粛、緊急事態宣言、…… 日常生活にも仕事にも影響が出て、何事もなく過ごしていた日々がいかに幸せだったかを再認識した方も多いと思います。 教育業界にいる者としては、2月に学校の休校措置が取られ、受験にどう影響するか神経をすり減らしましたし、大人数で集まることができなかったため、受験生を十分に労えないまま送り出すことになってしまい、それが非常に心残りです。 4月の緊急事態宣言では、休塾の措置やオンライン授業などで混乱し、学校の休校による授業進度の遅れのために、今年度の受験にも大きな影響があります。 その後も、新型コロナの感染対策を十分にしながらの授業・指導で大変でした。 そして今日は東京で感染者数が1300人を超えたという速報があるように、まだまだ新型コロナの感染が収まる気配はありません。 それなのに、政治家は会食を繰り返し、自民党の二階氏は菅総理も出席した会食(という名の忘年会)の主催者であると参加者のみのもんた氏に暴露され、 「意見交換をするためのもので、政治家として必要なもの」 などというふざけた理論で会食を正当化しています。 だったら、取引先との会食や社内の懇親会、忘年会・新年会だって意味はあるのですから、世の中の会食のほとんどが正当化されます。 それでは「5人以上の会食を控えて」という政府の要望はまったく意味がありませんし、二階氏の主張は…

続きを読む

信用できない塾の見分け方

こんばんは、ミュウです。 眠気が酷く、今日は記事を書こうかどうか迷ったのですが、短いものを頑張って書きます。 そんな中、どうしても書きたいことを見つけてしまいました。 立憲民主党の参議院議員、羽田雄一郎氏が亡くなったそうなのですが、体調が悪く、PCR検査を受ける予定があったそうで、そんな体調で会合に出席していたらしいのです。 これが事実なのであれば、あれほど政府与党に対して厳しい批判を繰り広げていたのに、自分たちは体調が悪くてもお構いなしに会合に出席しているのですから呆れたものです。 以前からこのブログにも書いている、「野党は他人に厳しく自分に甘い」がよく表れています。 また、マスコミは羽田氏の死去は報じても、その経緯は詳しく報じていないそうなのです。 つまり、体調が悪い中、羽田氏が会合に出席していたということは報じられていないということになります。 こちらも、以前指摘した「メディアは野党有利に報じる」がよく表れています。 このようなことを聞く度に、与党も野党も支持できない、日本の政治家は信用できない、と思うのです。 さて、このようなことを長く書くと、また記事が長引いてしまいますのでこれくらいにして…… 今回の話題は、信用できない塾についてです。 広告や表面上だけは良く見える学習塾はいくらでもあります。 そして、このブログでは、広告の謳い文句や実績ではなく、指導する講師の質が塾の質を決めるということを何度も書いてきました。 しかし、その講師の質を見極…

続きを読む

言葉だけではダメ

こんばんは、ミュウです。 冬期講習に向かって更に忙しくなるこの時期。 何故か休みのはずなのに急に仕事が入りました、この夜に。 この記事を急いで書き、投稿したら急いで仕事に取りかかります。 もちろん給料なんて出ませんよ。 さて、以前から新型コロナウイルスの感染について書いていますが、とうとう第3波とわかるほどのハッキリとした感染者増加、しかも過去最多を更新するほどの規模になっています。 GoToキャンペーンについても、キャンペーン自体を批判する必要はないと思いますし、GoTo自体が原因でここまでの感染拡大が起こったと断定するのも疑問だと、以前の記事で私の考えを書いたと思います。 (感染拡大防止策をきちんと徹底していない人が多くなっていることが最大の原因ではないかと私は思っています。) しかし、さすがに世間の批判と支持率低下を受けて、政府はGoToトラベルの一時停止を決めました。 東京などの一部大都市では先行して実施され、全国的な一時停止は12/28~1/11の年末年始を含んだ時期です。 そのような深刻な事態になるまで徹底した対策を取らなかった政府は批判されるべきでしょうし、11月下旬に「勝負の3週間」と言いながら、特に対策も取らなかった無責任発言から始まり、菅総理自らが多数人数の集まる会食に行っていたという有り様で、口だけの政治家たちには呆れるばかりです。 「政治家は国民の意見を聞くことも大事だ」などという擁護をする政治家や専門家、国民もいるようですが、論外です。 …

続きを読む

スポンサードリンク