「やる気がないなら帰れ」

こんばんは、ミュウです。 いよいよ学生は夏休み。 ということは、学習塾は夏期講習のシーズンです。 これから朝から深夜まで働かされる地獄のような期間に入りますので、ブログの記事投稿も不定期になる可能性があります。 できるだけ、最低でも週1回は投稿していきたいのですが…… さて、今回も前回に引き続き理不尽な言葉を考えてみます。 こちらも教師・講師や上司からよく聞かれる 「やる気がないなら帰れ」 という言葉。 やる気が見られないから、だったらいない方が良い、いても意味がないから帰れという意味で使われる言葉だと思いますが、本当にやる気がない、指示に従わないなどというどうしようもない場面で使うのは何ら問題ないと思います。 しかし、これで本当に帰ると逆に怒られるのですよね。 「自分はやる気がありません」と言っているようなものなので、怒られるのも無理はないと思う方もいるかもしれませんが、「帰る」という選択肢を与えている以上、帰ることを選択しても何も問題ないはずなのです。 この言葉を発した側が求めているのは、 「いや、やる気があるのでやらせてください!」 という態度の改善なのでしょうが、自分にやる気があるのに、相手がやる気がないと判断すれば、根拠がなくてもこのような言葉を言われたりもしますし、「帰れ」と言われているのに言葉どおりに帰ってはいけないという、本当に理不尽な言葉です。 私には、この言葉を発しておきながら相手が帰ろうとすると更に怒る人は、この言葉を使っ…

続きを読む

「言い訳するな」の理不尽さ

こんばんは、ミュウです。 さて、今回の話題は言い訳についてです。 いつだか忘れてしまいましたが、テレビ番組のCMで「言い訳するな」というフレーズだったでしょうか?うろ覚えなのですが、そのようなものがありました。 「自分のやった仕事に責任を持て」という意味で使われていたのでしょうが、私はそれを観て非常に気分が悪くなったのです。 子どもが大人に叱られる、部下が上司に叱られるなど、そういった場面で「言い訳するな」という言がは使われることはあると思います。 責任転嫁したり自分勝手な理論で自分を正当化しようとしたりと、自分の非を認めずに見苦しい弁明をしているのであれば、この「言い訳するな」は使われても問題ないと思います。 しかし、この言葉が使われるのは、必ずしもそのような場面ばかりではないと思います。 例えば、学校に遅刻したとしましょう。 生徒は先生に注意されるでしょう。 叱られるかもしれません。 そこで生徒は 「今日は仕方なかったんです!だって……」 と事情を説明しようとしたところで、先生に 「言い訳するな!」 と言われてしまったら、どう感じるでしょうか? この生徒は、遅刻した理由を説明することを「言い訳」として批判され、説明する機会すら与えられていません。 もし、電車が止まってしまってやむを得ず遅刻になってしまったら。 もし、困っている人を助けるために時間を使って遅刻になってしまったら。 この生徒が遅刻したことは叱られるべきことでしょうか? …

続きを読む

正しいことを否定される

こんばんは、ミュウです。 今回は土曜日の深夜に投稿できそうです。 仕事は終わっていないのですが、どうせ明日も働かなければならないのですし、今日は体調が悪くて1回寝たいというのもありまして。 いつもよりも大分早めに切り上げて帰ってきたのです。 さて、今回は前回に引き続き、子どもが大人の言いなりになることの是非についてです。 最近、私は道端である親子の会話を聞きました。 自転車に乗った母親と、その後ろに乗っている子どもが、信号待ちをしていた私の横を通っていきました。 信号待ちをしていたので、信号は当然赤ですが、自転車は平然と渡っていきました。 そのときに、 子ども「お母さん、赤だよ。」 母親「いーの。」 という会話が聞こえてきたのです。 さて、この会話を冷静に考えてみましょう。 まず、母親は信号無視をしています。 当然悪いことです。 そして、それを子どもが指摘しました。 車も人も来ていなければ信号無視をしてしまう人も多いかもしれませんし、それを悪いことだと思わない人もいるかもしれませんが、常識のある人であれば、その子どもの一言で自分の行いを反省するはずです。 しかし、この母親は自分の行いを「いーの。」という一言で正当化しました。 この会話を聞いて私は、よく聞く、矛盾に満ちていると感じる言葉を思い出しました。 それは、「お父さん、お母さんの言うことを聞きなさい。」という言葉。 保護者などの家族が子どもに直接言うこともあるでしょうし、親戚…

続きを読む

スポンサードリンク