接待問題

こんにちは、ミュウです。

珍しい時間の投稿ですが、また春期講習で多忙になることを見越して、少しでも書きたい内容を書いておきたくて日中に頑張ります。

さて、今回の話題は接待についてです。

菅義偉首相の長男である菅正剛氏が勤務する東北新社から、高額の飲食を伴う接待があったとして、当時の内閣広報官である山田真貴子氏らの問題が更に大きくなっています。
山田氏は入院→辞職という、政治の世界では常套手段となった「逃げ」で幕引きを図ろうとしているようですが、その他にもNTTからの接待も発覚しており、更に問題は大きくなっていきそうです。
また、山田氏以外にも、官僚らが関係企業から接待を受けている事例は次々と出てきており、氷山の一角と言えそうです。

さて、この接待は政治の世界では昔からあった問題であり、それによって政治が不正に染まらないように法律ができたわけです。
その法律を守らず、「政治への影響はなかった」などという何とも曖昧な根拠によって違法ではないとしているかのような主張をする政治家や官僚らは、私腹を肥やしながら国民を見下し、馬鹿にしているのでしょうね。

ただ、このような汚いことが行われているのは、政治の世界や大企業だけではありません。
このブログでも以前に書いた「癒着」と同じなのです。

(2017/4/19投稿)私立学校と学習塾の癒着

学習塾側は、学校側を接待したり、進路指導で誘導して受験する生徒を大量に送り込んだりする。
学校側は、学習塾側を接待したり、受験生を大量に送り込んでくれる学習塾の受験生を優先的に合格させたりする。

教育の世界でも、接待や癒着は当たり前のように存在するのです。
政治の世界の接待を批判している方々は、この事実をどう見ますか?
政治家ではないからOKですか?
税金とは無関係だから許しますか?


実は皆さんが気付いていないだけで、皆さん自身がその癒着の被害者になっているかもしれないのです。
また、皆さんのお子さんが、このような癒着によって不当な扱いを受けているかもしれないのです。
もっと教育の世界に蔓延する「癒着」にもっと敏感になり、批判すべきではないでしょうか?



それでは今回はこれで失礼します。

ブログを読んで何か感想があれば、ぜひコメントにお書きください。
また、このブログが面白いなと思ったら、ぜひ他の方にもご紹介ください。
宜しくお願いします!



もし収入が少ない、ちょっとしたお小遣いが欲しいという方は、以前このブログでも紹介したポイントサイトを始めてはいかがでしょうか?
現金(銀行振込)や電子マネー、各種ポイントなどに交換でき、多少のお小遣いにはなります。
「自粛生活でネットゲームを始めたけど、少しだけ課金したい……」という方にもお勧めです。
以下のページで紹介していますし、そこにあるリンクから登録すればポイントが貰えるものもあります。
ネットショッピングをする人は、ポイントサイトを経由するだけでポイントが貰えるショップもあります。
とりあえず登録するだけして、続けたくなかったら即退会、あるいは最初の稼ぎやすい段階でポイントを交換したら退会ということもできるので、ぜひ気軽に始めてみてください。
ポイントサイト比較まとめ