2021年度 埼玉県私立高校入試直前

こんばんは、ミュウです。

さて、来週の1月22日(金)から、埼玉県の私立高校入試が本格的に始まります。
毎年入試直前の土日に受験生にメッセージを書いているので、今年も書きたいと思います。
とはいえ、毎年書くことが大きく変わることもありませんが。

まず何よりも今すべきことは、体調を整えることです。
いくら北辰テストで確約(と呼ばれるもの)を取っていたとしても、受験当日に体調不良で受験できなかったり、実力が出せずに酷い点数を取ったりということがあれば合格できないことだってあります。
まずは、受験当日に自分の力を出し切るために、勉強よりも体調を整えることを優先しましょう。

体調を整えるために必要なことは、睡眠時間の確保栄養を取ることです。
睡眠時間については、いくら勉強時間を確保したいといっても7時間は確保したいところです。
(ただし、人それぞれ睡眠のリズムがあるので、一概にこれが当てはまるとも言えません。)
また、起床してから3時間は脳が100%使えないということもよく言われています。(真偽は不明)
ですから、それらを踏まえて入試当日の就寝時間・起床時間を決め、そのリズムに早く体を慣らしておきましょう。
栄養については、受験生が自分で料理の献立から考えているケースはあまりないと思うので、受験生だけではどうにもできません。
料理を作ってくれる人が配慮して食事を用意してくれるはずですので、感謝しましょう。

体調という点で考えると、怪我も心配です。
特に寒い地方では、雪が降ったり朝に凍結したりすると滑って転ぶ危険性が高くなります。
埼玉県は西部の山沿いで雪が多いですし、今年は寒波で寒い日が多かったので凍結が多いです。
滑って転ぶだけではありませんし、受験生に限らないことではありますが、怪我には注意しましょう。

あと気になるのは、精神的な問題です。
受験を迎えるにあたって、今回の高校入試が初めての受験だという人も多いでしょう。
それでプレッシャーに押し潰されてしまう受験生も少なくありません。
ただ、受験はほとんど全員が緊張するものです。
階乗に無事に辿り着けるかだけでも心配するでしょう。
合格するために勉強していても、ミスをしたらどうしよう、難しい問題だったらどうしようなどと余計なことを考えてしまうものですし、周りの受験生が優秀に見えて心配したりするものです。
「緊張しないようにしよう」というのは難しいのです。

ですから、私が受験生にアドバイスするとしたら、まずは「合格しよう」と思わないでください。
「合格しなくて良い」と言う意味ではありません。
「合格する」ということを意識すると、合格できるかどうかが心配事になってしまいます。
ですから、「自分の力を出し切る」ということを受験の目標にしてください。
合格は周りの受験生との比較になりますが、自分の力を出し切ることは自分一人の問題です。
できるだけ周りを意識せず、自分のやるべきことだけに集中してください。
自分の力を出し切ることができれば、結果は自然とついてきます。

そして最後に。
これも今までの記事で書いてきたことですが、私は、一生懸命頑張っている人に良い結果を出してほしいです。
教育に携わる者としては、生徒には平等に接しなければならなくても、一生懸命頑張ってきた生徒が不合格でサボってきた生徒が合格するのは嫌な気分になります。
教育者として以前に人として、頑張ってきたならばそれが報われてほしい、報われるべきだ、と思います。


それでは、受験生の皆さん、頑張ってきてください。



ブログを読んで何か感想があれば、ぜひコメントにお書きください。
また、このブログが面白いなと思ったら、ぜひ他の方にもご紹介ください。
宜しくお願いします!

 

この記事へのコメント

スポンサードリンク