本音を隠す弊害

こんばんは、ミュウです。

さて、今回の話題は本音についてです。

あるドラマで、医者が患者のご機嫌取りに奔走しているシーンがありました。

少しその患者が有名な料理研究家で、その患者が料理した差し入れを医者たちが食べたとき、ほとんどの医者は「美味しい」と言ったが、「不味い」と言った医者が1人。
その医者は「美味しい」と言った医者に非難され、患者の料理研究家は病院にクレームを出す。
本当はその料理は不味いもので、「美味しい」と言った医者は全員、患者のご機嫌を取るために嘘をついており、クレームを出さないために患者の望むことをしていた。
ただ、「美味しい」と言った医者の1人が、患者である料理研究家が公開しているレシピどおりに料理を作ると美味しくできたので、その料理研究家の腕が酷いというわけでもない。
そこで、その「不味い」と言った医者は、患者の味覚障害を確信し、手術をさせてほしいと病院側に申し出たが、患者のご機嫌取りをせずクレームを受けるような医者には手術させないと断られ、患者本人に味覚障害の症状を指摘して手術を直訴するも拒否された。

こんな話だったかと思います。
ただテレビでかかっていただけで、何かの仕事をしながら観ていたと思いますし、興味があったわけでもないので最後まで観ていないのですが、この後に病状が悪化して「あのとき、あの医者の言うことを聞いておけば……」というのがお決まりの展開だと思います。

さて、この話で注目したいのが、患者の病状を隠してまでご機嫌を取る病院や医者です。
ドラマですので過剰な表現はあると思いますが、患者のご機嫌を取るために病状を隠し、患者の病状を深刻にさせたり危険な目に遭わせたりすることがあってはなりません。
現実にそんな病院はほとんどないでしょうし、そんな医者もほとんどいないでしょう。

ただ、もしこんな病院があったとしてら。
こんな医者がいたとしたら。

病状を隠してご機嫌取りをし、良い気にさせてくれる病院・医者と、
本音を話し、病状を率直に話してくれる病院・医者。

皆さんはどちらの病院や医者にお世話になりたいですか?

恐らく、後者の病院や医者にお世話になりたいと思う方が圧倒的に多いでしょう。
しかし教育業界では、上記で例で言うと前者と同じようなことが平然と行われているということを、皆さんはご存じでしょうか?

生徒や保護者のご機嫌を取るために、生徒の問題点を隠し、生徒を褒めて良い気にさせようとする学習塾は、大手の塾や実績を出している塾であっても、いくらでもあります。
それなのに、そのような学習塾に生徒は集まります。
逆に、生徒の問題点を指摘し、それを改善させるために対処をしようとしてくれる学習塾では、問題点を指摘した途端に機嫌を悪くして生徒が辞めていくこともあります。

しかし、問題点をきちんと指摘して本音で話をしてくれる学習塾は、その生徒の問題点を改善させるために力を貸してくれる学習塾、生徒の成長のために力を尽くしてくれる学習塾です。
その学習塾の指摘を無視したり、不快に思ってその学習塾を辞めてしまったりすると、ドラマのお決まりの展開のような、
「あのとき、あの学習塾の言うことに耳を傾けておけば……」
という後悔をすることになりかねません。


ドラマでは問題のある組織・人間として見られていても、現実にそのような組織・人がいたら、そこに人が集まっているのです。
そのようなことをする組織・人間がいなくなれば良いとは思いますが、そのような組織・人間に引っかかる人があまりにも多いということにも、私は危機感を持っています。
皆さんも、そのような悪徳企業に騙されないように気を付けてください。



それでは今回はこれで失礼します。

ブログを読んで何か感想があれば、ぜひコメントにお書きください。
また、このブログが面白いなと思ったら、ぜひ他の方にもご紹介ください。
宜しくお願いします!



もし収入が少ない、ちょっとしたお小遣いが欲しいという方は、以前このブログでも紹介したポイントサイトを始めてはいかがでしょうか?
現金(銀行振込)や電子マネー、各種ポイントなどに交換でき、多少のお小遣いにはなります。
「自粛生活でネットゲームを始めたけど、少しだけ課金したい……」という方にもお勧めです。
以下のページで紹介していますし、そこにあるリンクから登録すればポイントが貰えるものもあります。
ネットショッピングをする人は、ポイントサイトを経由するだけでポイントが貰えるショップもあります。
とりあえず登録するだけして、続けたくなかったら即退会、あるいは最初の稼ぎやすい段階でポイントを交換したら退会ということもできるので、ぜひ気軽に始めてみてください。
ポイントサイト比較まとめ