法律家の規範意識

こんばんは、ミュウです。
そして明けましておめでとうございます。
今年も忙しい中、頻繁に記事を投稿することはできないかもしれませんが、1つでも多くの教育的問題や教育業界の闇などを書いていけたらと思います。

さて、今回の話題は法律家の規範意識についてです。

今、世界中にまで広がっている日本の話題と言えば、日産自動車の元会長であるカルロス・ゴーン氏の日本国外逃亡でしょう。
ゴーン氏はプライベートジェットに隠れて違法に日本を無断出国しました。
ゴーン氏は声明で、自身の逮捕が政治的なものであり、迫害から逃れたのだと主張し、日本に戻らないとのこと。

しかし、そもそもゴーン氏の言動にはおかしな点がいくつもあります。

まず、逮捕について。
ゴーン氏は特別背任罪などの罪に問われていますが、これが政治的であると主張しています。
恐らく、日産がルノーの影響力を排除するためにゴーン氏を追放したのだと言いたいのでしょう。
しかし、ゴーン氏が日産の金を私的流用していたという証拠が出ているようですし、何よりも日産だけでなくルノーでも、会社の資金を私的流用したという報告がされています。
日本だけでなくフランスでも同様の結果が出ているのに、日本の会社にだけ「政治的逮捕だ!」と主張するのはおかしいでしょう。

また、迫害と主張していることについて。
日本では被告にも弁護士がつき、被告の弁護をします。
何か不利益なことがあれば、その弁護士が不利益な点を指摘して、被告にとって不合理な不利益を被らないようにしてくれます。
今回ゴーン氏の担当弁護士は、弘中惇一郎氏らだそうですが、弘中氏は「無罪請負人」とも言われている敏腕弁護士なのだそうで、適当な弁護士があてがわれたわけでもありません。
そんな弁護士が担当し、しかも保釈まで裁判所に認められたのですから、迫害でも何でもありません。
勾留されたときも環境が酷いだ何だと訴えていたそうですが、何十億もの金を動かし、自由に使ってきた人間からすればそう思うでしょう。
しかしそれが人権侵害のレベルであるとは、ゴーン氏の言葉では私は思えません。

そして、自身の違法行為について。
ゴーン氏が保釈の条件とされていた出向の禁止に反したこと自体が、何か罪に問われることはないそうです。
(保釈条件に強制力がなく、守らなければ保釈金が没収されるだけのようです。)
当初は弁護士がすべてのパスポートを預かっているということで、偽造パスポートによる違法な出国と見られていましたが、ゴーン氏がパスポートを所持していると報道されると、弁護士は一転してパスポートの一部はゴーン氏が携帯していたと認めました。
つまり、場合によっては正当な手続きをして出国した可能性が残されているということなのでしょう。
しかし、トルコの航空会社が、ゴーン氏の名前が出てこないまま違法に使用されたとして刑事告訴したとのこと。
つまり、ゴーン氏の国外逃亡には違法行為が伴っていたということになります。
日本での逮捕や裁判などが政治的だとか迫害だとか、自身の価値観や見解ばかりを主張してばかりで、自分は違法行為をしても問題ないというのは、私にはあまりにも自分勝手に見えて同情する気にはなれません。

さて、今回の問題でゴーン氏の逃亡では、フランスやレバノンの国レベルの組織が関与・手助けしたと疑われていますが、ゴーン氏の弁護士である弘中氏らもその疑われている中の1人です。
そもそも弘中氏らは裁判所に保釈請求する際、
「ゴーン氏に逃亡の意思はない」
「ここまで顔が知られている人物が逃亡するのはほぼ不可能」

と主張していたのだそうです。
そして、防犯カメラやパスポート管理などの条件を付けて保釈を認めさせたのです。
弁護士らは「寝耳に水」などと言って想定外であることを強調していますが、ここまで言って保釈を認めさせ、管理不足で逃亡させて国際問題にまで発展させた責任から逃げることが許されるのでしょうか?
また、国外逃亡の手段を完全に断っていない状態で保釈を認めた裁判官も、弘中氏と同様に責任を負わなくても良いのでしょうか?

これだけではなく、法律家について、私は以前から不快感を持つことがありました。

弁護士とは弁護する人ですから、依頼者が原告側・被告側のどちらになる可能性もあります。
私自身、法律は秩序を守り、悪いことをする人間を裁くための根拠となるものだと思っているのですが、その法律に精通する弁護士の中には、法律の穴を突いて、一般的には悪いことと認識されていることでも無罪にすることを生業とする弁護士も存在します。
例えば、罪の疑いをかけられて逮捕された被告(本人は否定)の弁護を担当するとき、規範意識の高い弁護士ならば、独自に犯罪行為が行われなかったという証拠を探したり、
「本当のことを話してください」
「本当に罪を犯していないということを誓ってください」
などと言って被告に誓約をさせたり、「実は犯罪行為をしたけど無実にしてほしい」と被告に言われれば、正直に認めましょうと説得したりと、正義や善悪の判断が前提となります。
しかし、規範意識の低い弁護士ならば、上記のように法律の穴を突く弁護で有罪を無罪に変えるよう弁護をし、その代わりに報酬を高く設定するなど、正義や善悪よりも儲けなどの私的感情・欲求が優先されます。

また、これは知人から聞いた話なのですが、その知人がある企業に契約不履行の民事裁判を起こしたとき、埼玉県のある裁判所で、裁判官と思われる人と弁護士が談笑しているのを見たのだとか。
公正・公平な判断をしなければならない裁判官が、被告または原告の弁護をする弁護士との間に私的関係や馴れ合いがあったら、その弁護士と裁判官が担当する裁判で、完全に公正・公平な裁判が行われると思えるでしょうか?
私は不正や情などがはたらくのではないかと疑います。
そして、その裁判で知人は弁護士をつけずに臨んだのだそうですが、裁判官に和解をしつこく迫られ、最終的には
「法律的にはあなたの言い分が通る可能性は十分あるけど、あなたの言い分が通らなかったらあなたは1円も貰えないんだよ?」
などと、自分の判断でどうにでもできるというような脅迫めいたことまで言われたのだとか。
本当に脅迫めいていたかどうかはその場にいなかった私には判断できませんが、裁判という異質な状況・空間の中で、自分の意思に反することを専門知識を持つ人がしつこく迫れば、例え外部から見れば何も問題ない言葉であっても、本人には脅迫のように感じることもあるかもしれません。
知人は、お金がかかっても、弁護士をつけて裁判に臨むべきだと後悔していましたが、弁護士がついているかどうかで裁判の結果が変わるのであれば、日本の裁判には公正・公平なんてないのではないかと私は思います。

このブログでも幾度となく書いていることですが、善悪の基準や規範意識は、教育によって身に付き、養われるものだと思います。
法律家の人々は世間一般的には高学歴を持ちますが、学歴とこのような規範意識の高さは必ずしも結びつかないのだというのは、教育に関わる者としても日常的に感じていることです。
学歴と規範意識の高さを両方兼ね備えていれば良いのですが、どちらか一方だけ身に付いているとすれば、大事なのは間違いなく学歴より規範意識の高さです。
法律家の人々には、そこを間違えた人間が質の低い教育によって次々と生み出されているということに早く気付き、危機感を持ってほしいと思います。



それでは今回はこれで失礼します。

ブログを読んで何か感想があれば、ぜひコメントにお書きください。
また、このブログが面白いなと思ったら、ぜひ他の方にもご紹介ください。
宜しくお願いします!

 

この記事へのコメント

スポンサードリンク