いじめ問題

こんばんは、ミュウです。

今日はさすがに休みでした。
ただ、いつものことですが、「休み」とは「出勤しない」というだけのことで、自宅では仕事に追われています。
それに、(言い方は悪いですが)ウチの責任者は頭がおかしいようで、この史上最大級と言われている台風が関東を直撃すると言われていたのに、直前まで授業をやろうとしていました。
あまりにも無責任ですよね。
授業に来た生徒や出勤した講師に何かあったら責任取れるのか?と思うのが普通なのですが、「自己責任」を盾にしてそもそも責任を取る気がないようなのです。
他にも、授業は休みにするけど社員は出勤しろと命令する学習塾もかなり多くあります。
本当にこの業界はブラックです。

この記事を書いている今もなお雨風は強く、各地に特別警報や河川の氾濫情報、避難情報などが出ています。
皆さんも、まずは自分の命を守ることを最優先にして行動してください。

さて、今回の話題はいじめについてです。

兵庫県の神戸市立東須磨小学校で、教員間のいじめ問題があり、世間を騒がせています。
被害内容は、暴力や人格否定などの暴言、所有物の器物損壊などの嫌がらせなどが挙げられていましたが、いじめ行為を目撃した児童がいたり、加害教員が児童に「学級を潰せ」と指示していたそうで、子どもたちにまで悪影響が及んでいるようです。

加害教員は4人と言われていて、市教育委員会や当該学校の校長の会見では、その内の2人は昨年度と今年度のいじめ対策の担当だったことも明らかになっています。
しかし、その加害教員とされているのは、30代男性3人と40代女性1人なのだそうですが、激辛カレーを無理矢理食べさせたり顔に塗ったりしている暴行動画では、男性2人、女性2人が映っていて、更に第三者の撮影者や笑い声なども入っていたと言われていて、加害教員がこの4人だけとは考えられません。
更に、このいじめは昨年度から続いていたそうで、昨年度の校長に何度も被害を訴えていたのに対応されなかったどころか、その昨年度の校長もパワハラを繰り返していたという報道もありますし、現在の校長は昨年度は教頭として勤務していたそうで、この教員間のいじめを把握していなかったということはあり得ないでしょう。
市教育委員会にも「解決した」と報告したという報道もありました(現在の校長は否定)ので、学校ぐるみのいじめが行われていたという可能性がかなり高いと考えられます。

さて、以前にも「いじめは子どもたちの間だけではない」の記事で、大人のいじめについて書きました。
その記事では保護者のいじめについて書いたのですが、子どもたちにいじめをしないよう指導するはずの教員までもがいじめを行っていたのが今回の問題です。
そして、その記事でも私は厳しく非難しましたが、直接いじめを行った者は勿論のこと、直接いじめを行っていなくても、それを放置したり、校長や加害教員から自分を守るために傍観していたりするような者も、全員が加害者であると自覚させなければなりません。

そしてもう1つ。
学校・市教育委員会は今回の問題を受けて、加害教員は子どもの指導に関わらせないという対処を取ったそうです。
この対処が妥当だと思いますか?
妥当ではありませんよね。
人として許されないことをし、ましてやいじめをしてはいけないと教える立場であるはずの者がいじめをしていたのです。
教員として不適切であり、2度と教育の世界に足を踏み入れてはならない人間であるのは明らかなのです。
それはまさに、以前の記事「教員の不祥事とその背景」でも書いた「教育以外に教員の価値を見出している人」に該当するでしょう。
このような不適格教員からは教員免許を剥奪し、教育業界から永久に追放すべきでしょう。
子どもたちの指導に関わらせないだけで済ませて良い問題ではありません。

実は私も、ここまで派手ではありませんが、様々なハラスメントを受けてきました。

新任として赴任早々に、誰も顧問をやりたがらない問題が山積している部の顧問を校長に押し付けられ、助けてくれるはずの副顧問は部活に関わろうともしない。
目の前に採点や課題チェックなどの仕事が山積し、押し付けられた部活の問題も山積しているのに、「早く帰れ」と言いながら定時で帰る校長。
問題を起こしている学年の生徒の問題行動を叱ると、本来は叱らなければならないはずのその学年の学年主任が私を叱る。
……


そんなことが赴任数週間のうちに次々と起こり、私は心身共にボロボロになっていきました。
だからこそ、今回の問題には特に腹立たしさを感じます。
この「事件」の加害教員のことを「教員」と呼ぶことでさえも不快です。
この事件の「加害者」をきちんと罰し、断固とした対処を望みます。



それでは今回はこれで失礼します。

ブログを読んで何か感想があれば、ぜひコメントにお書きください。
また、このブログが面白いなと思ったら、ぜひ他の方にもご紹介ください。
宜しくお願いします!

 

この記事へのコメント

スポンサードリンク