更生の仕方

こんばんは、ミュウです。

珍しく土日でもない日に投稿ですが、珍しく書きたいと思ったニュースがあったので。

今回の話題は更生についてです。

芸人コンビ「EXIT」の兼近大樹氏が、デビュー前に売春斡旋容疑と窃盗容疑で2度逮捕された経歴があると、週刊文春が報じました。
これに対して兼近氏は、話すことができるということで「正直嬉しかった」というコメントをしたのだとか。
一方、所属事務所の吉本興業は、法的措置を考えているとのこと。
その理由として、未成年時に起こした犯罪から更生し、社会復帰が期待されているのに、実名報道されることによって更生の機会を奪うことになりかねない、などということを挙げています。

このニュースを見て、私は違和感を持ちました。

まず、兼近氏の「嬉しかった」というコメント。
チャラいキャラでありながら実は善人というギャップで売っているようなのですが、逮捕されたという事実を隠しながらこのような売り方をしていることへの後ろめたさから開放された、という意味なのでしょう。
しかし、逮捕された、犯罪行為をしたという反省すべき行為をしたことが明らかになったのに「嬉しかった」と言うのはいかがなものでしょうか?
「後ろめたさがあった」ということをアピールしたいがために、「反省」「更生」という最も大切な部分を置き去りにして自分の感情を優先させたコメントに感じます。

また、吉本興業が兼近氏のことを思って書いているかのようなコメントを出していることにも違和感があります。
闇営業問題で明らかになった吉本興業の数々の問題は、違法行為であるものがいくつも含まれているはずです。
法を犯している企業に他人の違法行為を指摘する権利がないわけではありませんが、生活すらできない違法な給与しか与えず、ほとんどのギャラを巻き上げて大儲けしていた企業が、「所属芸人の将来が~」などと、あたかも所属芸人のことを気にかけているかのようなコメントをしていることに不自然さを感じます。
兼近氏も、取材に「正直嬉しかった」と答え、報道されたことを感謝している発言をしていることからも、本人が望まない報道ではないということが言えるでしょう。
となると恐らく、吉本興業の兼近氏を思っているかのようなコメントは、本心ではなく賠償金目当てや企業として所属芸人の価値を下げられると利益に影響が出るなどという「お金」目当てなのではないかと私は感じました。

さて、この報道を受けて、
「一般人とは違うから知られても仕方ない」
「犯罪の内容的にも報道されるべきではないか」

などという報道肯定派と、
「いくら芸能人であっても犯罪歴は報道すべきではない」
「更生しているのだから報道する必要はない」

などという報道否定派に意見が分かれているようですが、私は報道肯定派です。

その理由は、以前にも「少年法の必要性を考える」の記事で書いたとおりですが、罪を犯したという事実を背負って生きていくことこそが更生であると私は思っているからです。
ですから、報道によって「更生の機会を奪いかねない」という吉本興業の言い分も個人的にはおかしいと思っています。

そしてもう1つは、周りの人が犯罪歴を知らずに生きていてどう感じるかです。

例えば、教育の世界では子どもを相手にします。
もし学校の教員や学習塾の講師に、昔に未成年への性犯罪で逮捕された経歴があったら。
そのような学校・学習塾にお子さんを通わせようという保護者はほとんどいないはずです。
自分の子どもが被害者になる可能性を考えて敬遠するでしょう。
ですから、学校や学習塾はそのような犯罪歴を持つ人を採用しないものです。

では、犯罪歴を隠されたらどうでしょうか?
学校や学習塾は、何も知らずに性犯罪歴などの逮捕歴を持つ人を採用し、後にバレて子どもたちや保護者が不信感を持ち、学校や学習塾の評判が一気にガタ落ち、などということも考えられます。
だったら、
「昔このような犯罪に手を染めてしまったこともありましたが、更生して会社に認められて働いています。」
と言った方が、今の姿を見てもらえてはるかに理解を得られやすいのではないでしょうか?

このように、社会復帰に向けて犯罪歴を持つ人が行動するのは良いと思いますが、犯罪歴を隠すことによって不利益を被る場合があるということを考えると、果たして犯罪歴を隠すことが良いことだと言えるのでしょうか?
その点でも、犯罪歴は公開しても良いのではないかと私は思っています。

このような論争はいつまで経っても終わることはないのでしょう。
ここに書いたことはあくまで私個人の考えですが、別の考えを持ち、別の視点から論じる方もいるでしょう。
様々な意見が出て、活発に議論されることも、更に良い制度作りに繋がると思いますので、「自分には関係ない」ではなく、皆さんも自分なりに考えてみてください。


そして最後に……
この「EXIT」という芸人を最近になってテレビで見るようになったのですが、ただチャラそうな単語を喋っているだけにしか見えず、私には面白さがまったくわかりませんでした。
また、見た目とは違ってベビーシッターや介護現場でアルバイトをしているということを善人エピソードに使っている点も疑問です。
教育現場で働く者として、「子どもが好き」と言って献身的に働いているように見える講師でも、表では善人ぶっているだけの悪人はいくらでもいるということを知っているので、アルバイト先で善人であるということを決め付けている論調は、視聴者ではなく出演者や事務所が作り上げたイメージでしかないと私は思います。



それでは今回はこれで失礼します。

ブログを読んで何か感想があれば、ぜひコメントにお書きください。
また、このブログが面白いなと思ったら、ぜひ他の方にもご紹介ください。
宜しくお願いします!

 

この記事へのコメント

スポンサードリンク