埼玉県知事選について

きょうの2記事目です。
(前の記事→ 韓国疲れ

8/25に埼玉県知事選挙が行われます。
このブログでは政治家や選挙への批判をしてきましたが、今回の知事選でも書いておきたいことがあります。

まず、候補者の公約などについて。
どの候補者も、埼玉の未来について数々の政策を挙げていますが、私にはどれも薄っぺらいものとしか感じませんでした。
当然、議会や条例などの県政と実生活は別物ですから、公約が実生活レベルでどのように期待できるかまではわかりません。
しかし、今現在私が埼玉県で生活していて、不快に思っていること、改善してほしいと思っていることが、候補者の公約を見ても改善される未来が見えず、理想論というレベルでしか感じられないのです。

そして、前知事の上田清司氏への評価について。
どの候補者も、上田氏の実績に一定の評価をしています。
その中でも、国政政党としては野党にあたるいくつかの政党が支援している大野元裕氏は、上田氏の実績をかなり評価していて、「上田氏の政治の継承」とまで言っています。

しかし、私は上田氏に対してはかなり低評価です。
それは、上田氏がどんな県政を行ったかという部分では評価できるのかもしれませんが、そこよりも、上田氏の人間性についての評価です。

まず、全国的にも問題視された知事4選出馬について。
上田氏は知事3期目のときに、「知事は3期までにし、4期連続の出馬は自粛しましょう。」という条例を制定し、それを自ら破ったことで問題になりました。
上田氏が評価されたのか、他の候補者が不甲斐なかったのか、結局大差で4選を果たしましたが……

上田氏は条例破りの批判に対して、
「県民が決めること」「実際に大差で勝ったのだからいつまでも批判するのはいかがなものか」
などとして、批判する自民党県議を上田氏は批判しましたが、おかしな話です。
公務員として、埼玉の政治を預かる者として、埼玉県で定めたルールである条例を破ることは絶対に許されません。
しかも、この多選自粛の条例は、上田氏が周囲の反対を押し切って通した条例なのだとか。
上田氏より前の知事が決めた条例に対して「そんなことに縛られるのはおかしい」と言うならまだわかるのですが、自分が通した条例を自ら破る行為を正当化しようとするなんておかしいでしょう。
それに、そんなに4選出馬する必要性があるのであれば、条例を撤回、あるいは効力停止や破棄することもできたはず。
そのようなこともせずに身勝手な言動をする上田氏を、私は評価できません。

そしてもう1つ。
こちらは個人的なことなのですが、実は以前、私は上田氏に直接埼玉の問題点を訴え、改善を求めたことがありました。
それはタバコの問題です。
神奈川県のいくつかの市で、路上喫煙を禁止する(罰則付き)となり、一時期話題になりました。
埼玉県でも今では、市町村レベルではありますが、路上喫煙禁止(駅周辺などの区域限定のところもあるようです)となっているところがあります。
しかし、それが実際に守られているかというと、守られていないことの方が圧倒的に多いでしょう。
私も路上喫煙禁止となっている市町村や地域で、平然と路上喫煙をし、それを誰も取り締まっていないという惨状を幾度となく目の当たりにしてきました。

そこで私は上田氏に、県で公共の場での喫煙を禁止する条例を作ってほしいということと、きちんと取り締まってほしいということを訴えました。
しかし上田氏の回答は、
・人口も違うのだから、市町村ごとに喫煙ルールを決めるべき
・喫煙者が守る意識を持つことが大事ではないか

などとして、私の訴えを一蹴しました。
しかし、この上田氏の回答には問題があります。

1つ目は、人口によって喫煙ルールを変えるべきだとしている点。
タバコは「百害あって一利なし」と言われるほど健康を害し、メリットがないと言われているものです。
それによって喫煙者自身が病気になるのは自業自得ですが、周囲の無関係な人々に、不快な思いをさせたり、病気にかかるリスクを背負わせたりするのは、決してあってはないならないことでしょう。
人口が少なければ人口密度は低くなり、それだけ受動喫煙は少なくなるのだから、条例として縛る必要はないのではないか、というのが上田氏の考えなのでしょうが、例え1人であっても、無関係な人の受動喫煙のリスクがあるのであれば、それは改善されなければならないのではないでしょうか。
上田氏の考えは、住む地域によって人の命に差をつけているということに他なりません。

2つ目は、守られていないということ、きちんと取り締まっていないという現実を訴えているのに、まだ喫煙者のモラルに頼ろうとしている点。
条例を守らない人を罰しないのであれば、守らない人が増えていくのは目に見えており、その条例は形骸化して存在する意味がなくなります。
我慢して条例を守っている喫煙者も、我慢せずに喫煙している人が何も言われないのであれば、ただ我慢しているだけになって損をしているということになってしまいます。
正直者がバカを見る社会はこのようにしてできあがっているのだと、私は上田氏の回答で改めて感じました。
上田氏は、本気でこのようにすべきだと考えているのかわかりませんが、もしそうでないとしたら、恐らく喫煙者の票が他の候補者に流れてしまうのを防ぐためにやっているのではないかと思います。
(国民や県民、市町村民の生活を第一に考えているかのようにして選挙を戦いますが、実際は自分の地位・権力・給与のためという政治家がほとんどですから。)

そのような、人口密集地の人々だけを守って人の命を平等に扱わず、正直者がバカを見る社会を作り上げている上田氏を、当然私は評価しません。
そして、多選自粛の条例を破ったことも含め、そのようなことをしてきた上田氏を評価する候補者も、私は評価しません。

ということで、今回の県知事選も、私は投票に行かないと思います。
(子どもたちの受動喫煙を防ぐための路上喫煙禁止を公約に掲げる候補者がいたら、教育者として投票を考えたかもしれません。)
投票時間中はずっと仕事ですし、投票に行こうと思っても行く時間すらありませんが。
政治家として議会などの問題もあるのでしょうが、県民が実生活で困っていること、改善を望んでいること、という目線で政治を行える政治家が1人でもいないのでしょうかね……
投票に行く方は、知名度やパフォーマンスなどに惑わされず、よく考えて投票しましょう。



それでは今回はこれで失礼します。

ブログを読んで何か感想があれば、ぜひコメントにお書きください。
また、このブログが面白いなと思ったら、ぜひ他の方にもご紹介ください。
宜しくお願いします!

 

この記事へのコメント

スポンサードリンク