韓国疲れ

こんばんは、ミュウです。

最近、韓国との関係悪化のニュースばかりでうんざりしています。
今までは戦時中の日本軍が行った悪事の後ろめたさからか、1965年の日韓合意を反故にするなどの韓国の「わがまま」に応じてきていましたが、とうとう日本も堪忍袋の緒が切れたわけです。

しかし、その韓国の数々の悪行に対して日本が適切な対応を取ったところ、韓国は「逆ギレ」しているというのが現在の状況でしょう。
最も新しい出来事では、韓国が日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)を延長せずに破棄したことが大々的に報じられましたが、韓国側はGSOMIA破棄の原因を
「日本側が対話を求めれば応じると言ったのに日本側が無視したから」
と、日本に責任があるとして非難しました。
しかし、この論理が通用しないのは明らかでしょう。

そもそも韓国側が、1965年の日韓合意を反故にしたり、輸出品の不正転用などの疑いがあったりしたときに、日本側は韓国側に協議を求めてきたのに、韓国側は協議に応じなかったのです。
だからホワイト国除外などの対応をしました。
それを韓国側が非難して協議を求めてきましたが、日本側は
「まずは国際法を守ってください」
と呼びかけていたのです。

つまり、日本側は既に
「対話をするならまずは約束を守れ」
と韓国側に条件を出しており、その条件(=韓国側が約束を守る)が達成されていないから対話に応じていないだけなのです。

それなのに、「約束は守らない。でも対話には応じろ。」では話になりません。

輸出品の不正転用が明らかになれば、韓国が世界中から非難される。
日韓合意遵守が必要になれば、「韓国は日本から被害を受けた」という立場を利用した被害者ビジネスができなくなる。


そんな理由が想像できますが、そのような韓国にとって都合の悪いことが起こり得る協議には、韓国は応じたくないのです。
しかし、ホワイト国除外は韓国にとってかなりの痛手であり、一刻も早く解消したい。
だから、ホワイト国除外を「輸出規制」「報復」とし、韓国の悪事を隠してあたかも日本が韓国を虐めているのだというように話を捏造することで、韓国国内の反日を煽り、反日を政治的に利用しているわけです。
日本が嫌がることをすれば韓国国内はまとまる。
筋が通っていなくても、日本が嫌がることが喜び。

そんな理屈がまかり通っているように見えます。

本来はそんなバカな話が通用しないものなのですが、韓国では日本を加害者として反日教育が行われていますから、そのようなメチャクチャな理論であっても韓国国民は騙されてしまうのでしょう。
また、日本相手なら「約束を守る」という人として大事な部分までも無視して良いと思っているのですから、国民性を疑いたくなります。
教育の力は凄いですね。

もはや私は、「韓国」という単語を聞くだけで嫌な気分になります。
1回国交を断絶し、関わらない期間を作ってほしいと思うようになりました。
韓国の日本に対する「嫌がらせ」が国際的に批判され、私たち戦争未経験者がいつまでも戦時中に日本軍が行った悪事に対して、日本人であるというだけで頭を下げて約束を反故にされ、お金を払い続けなければならない状況を早く終わらせてほしいです。



それでは今回はこれで失礼しますが、今日はもう1つ記事を書きます。
どうしても、8/25の埼玉県知事選の前に書きたい記事があるので、短くまとめて書きたいと思います。
(夏期講習で疲れていますし)
(次の記事→ 埼玉県知事選について

ブログを読んで何か感想があれば、ぜひコメントにお書きください。
また、このブログが面白いなと思ったら、ぜひ他の方にもご紹介ください。
宜しくお願いします!

 

この記事へのコメント

スポンサードリンク