素人頼み

こんばんは、ミュウです。

さて、今回の話題は素人についてです。

忙しいのであまりテレビを観る機会はないのですが、最近、テレビ番組の番組表を見ていると、一般人を出演させる番組が増えているなと感じます。
また、芸能人が出演する番組でも、番組のスタッフが芸能人と並んで出演者の1人として出演するような番組もあります。

このような番組が増えたのには色々と理由があると思います。
いつも決まり切った芸能人ばかりではなく、街中の様々な人を出演させることで飽きない番組にしようという狙い。
素人の中にも面白いキャラクターの人がいるので、そのような人を発掘しようという狙い。

そのような中でも、私が大きな理由だと思うのは、次の2つです。

1つ目は、事前の準備がそこまで大変でないということです。

芸能人を出演させて番組を作るとなれば、その芸能人の予定を押さえ、打ち合わせも行わなければなりません。
スタジオ収録でなければ、芸能人の所属事務所に演出を確認したり、ロケをする場所ごとに使用許可などを取ったりする必要も出てくるでしょう。
また、特殊な出演の仕方でない限り、出演者が揃わなければ番組の収録はできません。
出演者が大御所と呼ばれるような芸能人であれば、接待やご機嫌取りまでしなければならないかもしれません。
しかし、素人であれば、予定を合わせる必要はなく、打ち合わせもほとんど必要ないでしょう。
撮影場所も、凝った場所を用意する必要はなく、最低限の許可を取れば済みます。
(「アポなし」などという番組企画がまさにそれですね)
素人なので、接待やご機嫌取りも必要ないでしょう。
番組製作者側からすれば、楽ができるというメリットがあると思います。

そして2つ目は、人件費削減です。

芸能人を出演させれば、それだけ出演料が嵩みます。
そこで、特にフジテレビで顕著に見られたのが、アナウンサーのタレント化です。
アナウンサーを、司会などの番組進行役ではなく、芸能人と同じく「出演者」として出演させることで、自社の社員だから通常の業務内として扱えて安く済む、というカラクリです。
この手法は、他のテレビ局でもどんどん使われています。
より安く済む素人にその役割を担わせれば、更に人件費は削減できるでしょう。

私は、素人がテレビ番組に出演することに賛成も反対もしません。
テレビ局側にもメリットはありますが、素人からすれば、「テレビ番組に出た」という喜びを感じる方も多いでしょうから、win-winの関係になっています。
しかし、知らないところで自分の個人情報がネット上に流されていたり、お宅訪問のような番組であれば、空き巣などに狙われる危険性もあると思います。
また、出演した素人がテレビ番組に適しているような人であれば良いですが、視聴者を不快にさせるような人が出る可能性も否定できません。
良い面も悪い面もあるので、そこに注意した番組であれば、出演者が芸能人だろうが素人だろうが別に良いのかなと思います。
(ただし、「アポなし」を含めた事前連絡・許可なしの企画は、私にはただスタッフが楽をしたいだけのように見える番組がほとんどですので、私は否定的です。)

さて、テレビ番組の話はこれくらいにしましょう。

教育と何の関係があるの?と思った方もいると思いますが……このブログでも色々な記事で言及しているように、指導力や講師の質の高さを謳っている学習塾でも、その講師の大部分がアルバイトというのはよくある話です。
そしてそのアルバイトのほとんどが、とてもプロとは呼べないような素人で、プロの“振り“をして授業をしているのです。

これは、芸能人の代わりに素人を出演させるのと同じように、人件費削減になっています。
高時給の求人で募集者を募り、超低賃金やタダ働きで長時間働かせて違法な手法で人件費を削減し、一方で「プロ講師だという自覚を持て」などと言って、超低賃金やタダ働きでの違法長時間労働を正当化する。
ろくな研修もせずに授業を担当させ、ただテキストや進度のとおりに進めていればOK。

そんないい加減なことをして人件費を削減している学習塾は非常に多いです。
しかし、テレビは「つまらなければ観なければ良い」で済みますが、学習塾ではそんなことでは済みません。
高額の授業料を頂いているのですし、子どもたちの勉強や将来にも影響を与えるのです。
それなのに、「余計なことをするな」と言い、テキストの補足や追加の教材(プリントなど)を禁止したり許可制にしたりする学習塾も多くありますが、これは、塾や社員がアルバイト講師の指導力を信用していない証拠です。
そんな身内に信用されていない講師を、学習塾や社員は、生徒や保護者の前では「プロ」と言い、「プロ」と言いながらプロには見合わない給料しか支払わないのですから、おかしな話です。
学習塾側も、暗にアルバイト講師を素人だと認めているということで、その素人に子どもたちの指導をさせているということをわかっているのです。

ただ、誤解してほしくないのは、全ての学習塾がそうだとは限りませんし、全てのアルバイトが素人というわけではありません。
アルバイトでも経験豊富でプロと呼べるほどの指導力を持つ講師はいますし、社員でもまともな授業ができない「素人」は普通にいます。
「アルバイトだから素人」「社員だからプロ」と思ってはいけません。

ブラックだと名高い学習塾業界では、良い人材はどんどん少なくなっています。
学習塾を選ぶときには、塾の知名度や実績、謳い文句に惑わされず、その「プロ」と呼べるような指導力を持った講師を探してください。



それでは今回はこれで失礼します。

ブログを読んで何か感想があれば、ぜひコメントにお書きください。
また、このブログが面白いなと思ったら、ぜひ他の方にもご紹介ください。
宜しくお願いします!

 

この記事へのコメント

スポンサードリンク