続・コスパ重視の多色ボールペン選び

さて、前の記事に引き続き、コスパだけを考えた多色ボールペンを書きます。

始めに、比較の基準と方法を確認しておきましょう。

(1)塾講師としてよく使うのが黒・のため、3色以上の多色ボールペンで、替え芯交換ができるものが対象。
 (シャープペンの有無は問わない)

(2)替え芯の筆記距離(1本の替え芯で約何mの線がかけるか。メーカーの回答値。)とメーカーの販売価格(税抜)から、1円あたり約何mの線がかけるかを算出する。



ここからは、高コスパの多色ボールペンを書いていきます。
(2019年3月現在)
ただし、本体が数千円レベルの高額なボールペンは除外してあります。
(塾講師は教室間の移動などで持ち運ぶ機会が多く、なくしたりするととんでもない出費になるため。また、そのような高額なボールペンは学生がなかなか手を出せないため。)
また、PILOTのボールペンは筆記距離が見つからずに1円当たりの筆記距離が算出できなかったので、今回は書くことができません。
ご了承ください。


【三菱鉛筆】クリフター
 

【替え芯】S-7S(0.7mm)
【筆記距離】650m
【販売価格】60円
【1円あたり】約10.83m

1円あたり10m以上も書ける高コスパのボールペンです。
(同社商品のジェットストリームの2倍以上)
また、このペンの特徴として、クリップが大きく開き、分厚いもの(~5mm)も挟めるという点があり、10万回のテストでも破損しないと謳うほどの耐久力があります。
分厚いノートなどに挟んだり、クリップ部分をよく使ったりする人にはお勧めです。
ただし、0.7mmしかないようです。
また、あまりにもジェットストリームが人気であるため、ボールペン売り場の三菱鉛筆製品は全てジェットストリームで占められているということもあり、意外と見つかりません。


【ZEBRA】クリップ-オン シリーズ
  

【替え芯】SK-0.7芯(0.7mm)
【筆記距離】540m
【販売価格】60円
【1円あたり】約9m

1円あたり10mまではいきませんが、定番商品よりははるかに高コスパなボールペンです。
このシリーズには主に「クリップ-オンG」「クリップ-オン スリム」の2種類(シャープペン付きのものなどもあり)ありますが、どちらも可動式のクリップになっていて、クリップ折れが起こりにくくなっています。
また、「クリップ-オンG」は本体軸の中央部にペン先を戻すボタンが付いていて、持ち替えずにペン先を収納できます。
一方、「クリップ-オン スリム」は、その名のとおり本体軸が細くなっていて、3色ボールペンでは12~13mmの軸の太さが当たり前の中、10.8mmという細さになっています。(4色は12.0mm)
太いボールペンが握りにくい、使いにくいと感じる方にはお勧めです。
ただし、この商品も0.7mmしかないようです。


【プラチナ万年筆】BWBT-300

【替え芯】BSP-60S(0.5mm,0.7mm,1.0mm)
【筆記距離】900m(0.5mm)、800m(0.7mm)、500m(1.0mm)
【販売価格】60円
【1円あたり】約15m(0.5mm)、約13.33m(0.7mm)、約8.33m(1.0mm)

0.5mmのものは1円あたり15mにもなる高コスパのボールペンです。
ボールペン自体にそれほど大きな特徴は見られません。
難点は買う場所でしょうか。
どこの文具店でも見つかるようなメジャーなものではないように思いますし、ネット通販でも品切れ、メーカーのHPでも写真がない状態で、もはや売っているのかも確認できない商品です。


【トンボ鉛筆】REPORTER
 

【替え芯】BR-CS2(0.7mm)
【筆記距離】950m
【販売価格】60円
【1円あたり】約15.83m

こちらも1円で15m以上になる高コスパのボールペンです。
このボールペンの特徴は、ノックボタンが色ごとに違う形になっていて、見なくてもどの色かわかるという点です。
また、ペン先をしまうときに鳴る「パチッ」という音が低減される工夫がされています。
バネ式のクリップもポイントです。
ただ、この商品は新型が発売され、この高コスパのインクのものは現在どうなっているかが不明です。
(新型のインクは最近の定番商品と同じようなもののため、コスパは悪いです。)
ネット通販ではまだ取り扱いがありましたが……


【BIC】4色ボールペン
 

【替え芯】R4CF1(0.7mm)
【筆記距離】2500m
【販売価格】50円
【1円あたり】約50m

フランスの企業の商品で、他の商品とは比べ物にならないほど、1円あたりの筆記距離が長いです。
本体はグリップのゴムすら付いていないシンプルなものです。
こちらの商品も、どこの文具店でも買えるようなものではないと思いますので、買う場所を確保できるかどうかの問題が1番大きいと思います。


その他にも海外メーカーの商品なども含めていくつもありましたが、多忙の中でそこまで細かく調べる時間が取れませんでしたので、紹介はここまでとしたいと思います。
やはり最近の定番商品高性能インクで書きやすさが追求されていて、その分割高になっています。
一方で、この記事で紹介したボールペンは、割安になっている反面、書き心地や鮮やかな色彩では劣るようです。
最近の売れ筋はやはり高性能インクの方のようで、この記事で紹介したボールペンも、文具店の店頭で安定して売っているのはZEBRAのクリップ-オン シリーズだけかなと思います。

あと、PILOTや無印良品など、筆記距離が不明だったボールペンもあり、それらも気になるところです。
また、替え芯でないものも含めると、以前ドンキホーテで見かけた20円の3色ボールペンはかなりコスパが良いのではないかと思います。
しかし、どうしても黒が先になくなってしまうもので、替え芯非対応だと残りの2色で頑張っても3色ボールペンの意味がないので、黒がなくなった時点で自宅のメモ書き用になってしまうでしょう。
(黒がなくなった時点で捨ててしまうのはもったいないですし……)
そうやって新しいのを使い始めていくと、どんどん自宅に赤と青しか出ないボールペンが溜まっていく未来が想像できるので、あまり使いたくはならないのです。

それではこれで、コスパ重視の多色ボールペン選びを終わります。
皆さんも、自分に合ったボールペンを見つけてみてください。


最後に……

コスパとは関係ありませんが、ボールペンを調べていて、今は0.7mmが主流なんだなと感じました。
以前は0.5mmが主流で、0.7mmともなると少し太いなと感じた(個人的感想)のですが。
今は0.7mmを「細字」、0.5mmを「極細」と表現するメーカーもあり、昔との差に驚きました。
昔と比べると、同じボール径でも技術が進化して筆記線が細くなったということなのでしょうか?
個人的にはいつも0.5mmを使い、採点時にはもう少し太い赤ペンを使うのが好きなので、これを機に0.7mmにも慣れてみようかなと思いました。



それでは今回はこれで失礼します。

ブログを読んで何か感想があれば、ぜひコメントにお書きください。
また、このブログが面白いなと思ったら、ぜひ他の方にもご紹介ください。
宜しくお願いします!

 

この記事へのコメント

スポンサードリンク