家庭学習しない子どもたち

こんばんは、ミュウです。

異常に体調が悪いのですが、その原因は恐らく生徒の風邪です。
授業中は騒音や空調のために教室を締め切ることが多いので、風邪は一気に広まります。
そのため、塾では体調が悪い生徒はマスクをつけるのがマナーとなっており、注意喚起もしています。
しかし、そんなことはお構いなしに、授業中だろうが締め切った教室内で咳を繰り返す迷惑な生徒が後を絶ちません。
そんな周りへの迷惑を考えない、自己中な生徒がウチの塾にもいるわけですよ……

さて、今回の話題は家庭学習についてです。

ネット上のニュース記事で、気になるものを見つけました。
それは、厚生労働省と文部科学省が共同で調査した結果だそうですが、2001年の1月生まれと7月生まれの子どもたちで、平日に家庭や塾で勉強を「しない」と答えた割合が、中3生は6.0%だったのが、高1生は25.4%だったそうです。
休日も同様の傾向だったそうなのですが、これを見て皆さんはどう思うでしょうか?
確かに受験勉強が終わったことの反動はあると思います。
文科省の担当者は、
「進路の多様性から、必ずしも勉強に集中する必要はないと考える層がいるのかもしれない。」
という分析もしていますが、真っ先に私は違うことを考えました。
それは、学校や塾以外では勉強できない学校や塾以外で勉強するという考えがそもそもないということです。

今の時代、高校受験に臨む中3生はかなり高い割合で塾に通い、勉強に関しては学校よりも塾の方が専門性の高い指導していると思われている傾向があります。
そのため、塾で指導された勉強法が染み付いている子どもたちはかなり多く、高校受験を終えて塾を卒業した後も塾での勉強法の影響は強く残ります。

これについては以前の記事でも書いたと思いますが、残念ながら多くの塾の最大の目的は金・利益です。
金・利益のためならば教育なんてどうでもいい、後回しだという塾はかなり多いです。
そんな塾の指導の狙いの1つに、塾に依存させて退塾を防ぐというものがあります。
塾に言われたとおりに勉強していれば成績が上がる。
勉強する環境は塾が整えてくれる。

そう思わせて、塾を辞めさせないようにするのです。
そのために塾は、
課題・宿題やテスト対策まで細かく勉強や成績をチェック・管理したり、
家庭学習しない生徒には「塾の自習室を使って勉強しなさい」と言って塾に呼び出したり、
わからない問題があったらすぐに質問させるなど、講師を頼るように助言したり、
……
そんなことをしていきます。
そして、このような指導の結果が、今回の調査結果なのだと私は思います。
高校受験が終わると一旦塾を卒業する人が多いですが、塾を卒業すると、
チェック・管理してくれる人がいない。
環境を整えてくれる人がいなければ、自宅は勉強をする環境が整っていない。
わからないことが出ても、自分では調べられず、答えてくれる人も自宅にはいない。

そんな状態なのですから、勉強しなくなる子どもたちが多いのは目に見えていますし、勉強せざるを得ない状況に追い込まれる場面が少ない高1生が「自宅も勉強する場所」「自分で勉強する環境を整えなければならない」という認識をしていなくても不思議ではないのです。

このような指導は、受験で結果を出すことだけを考えれば効率が良いのでしょうが、その後のこと、つまり教育や子どもたちの成長のための指導ではありません。

塾が勉強や成績を細かくチェック・管理していれば、子どもたちが自分自身のことをチェック・管理しなくなります。
そうなれば、誰かがチェック・管理してくれなければやるべきこともわからない、計画も立てられないという人間になってしまいます。

家庭学習をしないからと調った環境を与えてばかりいれば、整えられた環境でしか勉強しない、自分で勉強する環境を整えようとしない人間になってしまいます。

わからない問題があったらすぐに質問させていれば、できるだけ自分で解決しようと努力しない、自分ができないことにぶつかったら自分では解決できない人間になってしまいます。

そんな人間になってしまったら、社会に出てからどうなるか。

自分の仕事が管理できない。
次に何をやれば良いかが考えらず、言われたことしかできない。
周りの人が環境を整えないと何もできない。
結果がわかっている仕事、わからないことが出てこない仕事しか任せられない。


こんな人間が自分の働く会社にいたら、皆さんはどう思いますか?
会社にとって、このような人間は「お荷物」と判断されるでしょう。
そんな「お荷物」を生み出す原因の1つに、このような学習塾の指導があると私は思っています。
将来のことを考えない、子どもたちを不幸にする指導はいち早く改善すべきでしょう。



それでは今回はこれで失礼します。

ブログを読んで何か感想があれば、ぜひコメントにお書きください。
また、このブログが面白いなと思ったら、ぜひ他の方にもご紹介ください。
宜しくお願いします!

 

この記事へのコメント

スポンサードリンク