犯罪行為の黙認

こんばんは、ミュウです。 前回は珍しい時間に投稿しましたが、今回は別の理由で同じような時間に投稿します。 日曜だというのにあまりにも忙しく、日が昇るまで必死に仕事をする生活が続くような不規則な生活を余儀なくされているので、もしかしたらしばらくこのような投稿が続くかもしれませんし、毎週投稿も途切れるかもしれません。 さて、今回の話題は犯罪行為についてです。 YouTubeでも2つ動画を投稿しましたが、世の中には犯罪行為が溢れています。 子どもでもわかりますが、犯罪行為は「やってはいけないこと」です。 犯罪行為をしたのであれば罰を受けるべきで、そうやって犯罪行為が世の中から減っていき、無理だとは思いますが最終的には世の中から犯罪が無くなっていくのが理想的であるはずです。 それなのに、取り締まる役割であるはずの警察も怠慢できちんと取り締まらないのが現実です。 では、警察が取り締まらないのであれば、どうやって犯罪行為を減らすことができるのかというと、周りの目や批判です。 犯罪行為をする者に対して、周りの人が厳しい目を向け、厳しく批判することで、警察が取り締まらずに罰を与えられなくても、犯罪者に圧力をかけることができます。 しかし、その周りの目でさえも機能していないことが、私は問題だと思います。 つまり、犯罪行為に対して、あまりにも寛容になりすぎているのです。 犯罪行為を見ても、見て見ぬ振りをする。 面倒なことに関わりたくない、自分には迷惑がかかっていないか…

続きを読む

手柄の横取り

こんばんは、ミュウです。 今日は珍しく休みの日なので、自宅での仕事のため、投稿時間を早めました。 ※いつものことながら、自宅での仕事のため、当然給料は出ません。 出勤させずに自宅で仕事をさせるのは労基対策なのでしょうが、早く労基はこういうことをする悪徳企業を潰してほしいです。 さて、今回の話題は実績についてです。 学習塾では、あらゆることを実績として宣伝に使います。 受験の合格実績を始めとして、定期テストの結果、通知表、模試、検定試験などをよく見ると思います。 その実績が塾のものであるというのは事実かもしれません。 その塾に通っていたということは事実なのですから。 しかし、その実績が出せたのは誰のおかげか、という点で考えたとき、必ずしも「塾のおかげ」とは言えません。 むしろ、「塾のおかげ」と言える実績はあまりないのが現実です。 例えば、合格実績を考えてみましょう。 塾の宣伝文句としてよくあるのが、 「塾独自のカリキュラムによる徹底した受験対策」 「豊富な入試情報」 「入試を分析した塾独自のテキストを使用し、入試問題に塾のテキストから類題が出る」 などという、いかにもその塾に通うことで入試に有利になるかのようなものです。 しかし、ほとんどの学習塾で受験対策のために独自のカリキュラムを用意しています。 私立学校は生徒数の多い学習塾、受験生を多く送り込んでくれる学習塾を贔屓して情報を提供し、合格者も優先的に出すところは多いですが、それは塾と私立…

続きを読む

定期テストと模試

こんばんは、ミュウです。 新型コロナウイルスの影響でかなりの配慮が必要だった夏期講習も終わりました。 しかし、毎年のように講習後は、後遺症のように日中の眠気や疲れが続き、かなり日常生活に支障が出ます。 そんな中、日曜だというのに仕事です。 さて、今回の話題は定期テストと模試についてです。 中学生になると、学校のテストとは別に民間業者による模試がある都道府県が大半だと思います。 埼玉県の場合は北辰テストという模試があり、中学3年になると埼玉県の90%以上が受験すると言われています。 それによって私立高校の合否にかなり影響してくるので、「受けるかどうか」を選択するというよりは、「受けないと私立高校入試に不利になる」というくらいの扱いになっていて、そこまでの扱いになってくると、北辰テスト主催の北辰図書と私立高校の癒着がかなり気にはなりますが…… (癒着については別の内容で以前の記事でも書いたことなので、今回は割愛します。) 学習塾で生徒の成績を見ていると、学校の定期テストや通知表の成績と、北辰テストなどの模試の成績が比例しない生徒が少なくありません。 例えば、通知表では5教科オール5を取っているのに模試の偏差値が60に満たず、同じ学校で通知表がオール4なのに模試の偏差値は65程度ある、などです。 そのため、学校では通知表の成績を基準にして進路指導を行って志望校を決定しようとしても、学習塾では模試の成績を見て「その志望校じゃ無理がある」と判断することもありますし、その…

続きを読む

スポンサードリンク