なぜ言ってはいけないのか

こんばんは、ミュウです。 さて、今回の話題は命についてです。 最近のニュースでは殺人事件の話題が多く挙がりますが、その中でも特に多いのが、川崎市の連続殺傷事件です。 通勤通学時間帯に、岩崎隆一容疑者が通行人や私立カリタス小学校のスクールバスを待つ児童を次々と切り付けました。 19人が被害に遭い、うち2人が亡くなり、岩崎容疑者も自ら首を切って死亡したこの事件。 無関係な人々が容疑者の身勝手な行動によって被害に遭われたわけで、許されることではありません。 この事件について詳しく書くつもりはありませんが、1つだけ書いておきたいのは、岩崎容疑者の家庭環境です。 岩崎容疑者の両親は離婚しており、親戚の家に引き取られて育てられたとのこと。 両親が子どもに与える影響については、過去に書いた記事「家庭環境が与える影響(1) ~子どもへの影響~」を参照していただきたいのですが…… 両親の離婚は子どもに多大な悪影響を与えます。 この事件で、「両親の離婚が原因だ!」「引き取った親戚の育て方が悪かったんだ!」などと言うつもりはありませんが、両親のどちらとも岩崎容疑者を引き取らなかったという紛れもない事実はあります。 そのため、両親の離婚が岩崎容疑者の成長に悪影響を与えた可能性は否定できないと思います。 さて、事件の内容についてはこのくらいにして、今回書きたい内容の本題に移りましょう。 最近の殺人事件を話題に話している生徒は私の勤務する学習塾でもいました。 しかし、その会話を…

続きを読む

スポンサードリンク