職責を果たさない警察官

こんばんは、ミュウです。 さて、今回の話題は警察についてです。 私は被害者として、警察にお世話になったことが何度かあります。 そのときの警察の対応があまりに酷かったので、ここに書き残しておきたいと思います。 法律を守る人と違法行為をする人が同じ場所にいると、法律を守る人が被害者になることがほとんどです。 その「法律を守る人」が私、「違法行為をする人」が相手という状況で何度か警察にお世話になっているのですが、警察はきちんと動いてくれませんでした。 具体的な内容を書くと素性がばれる恐れがあるため、そこは伏せておきますが…… 警察が面倒くさがって何も違反がなかったかのように処理しようとした。(違反行為を揉み消そうとした) 私が法律を守っていたのに、相手の言い分が自然であるとして一方的に信用し、私が加害者であるかのように処理しようとした。 後に目撃者が名乗り出て、私が正しかったという証言をしていただいたが、警察は謝罪などを一切せず、加害者を早々に帰宅させ、被害者である私だけ状況説明と称して長時間拘束した。 相手の違法行為なのに、法律を曲解して持ち出し、私を犯罪者として処理した。 後に苦情を入れたところ、私が正しかったという確認が取れたが、謝罪することなく、むしろ「そんな小さなことを気にするようでは……」と説教を始めた。 など、数々の警察の愚行を、私は身を持って経験してきました。 また、私たち教育者は、子どもたちを預かる身として子どもたちの安全に気を…

続きを読む

素人頼み

こんばんは、ミュウです。 さて、今回の話題は素人についてです。 忙しいのであまりテレビを観る機会はないのですが、最近、テレビ番組の番組表を見ていると、一般人を出演させる番組が増えているなと感じます。 また、芸能人が出演する番組でも、番組のスタッフが芸能人と並んで出演者の1人として出演するような番組もあります。 このような番組が増えたのには色々と理由があると思います。 いつも決まり切った芸能人ばかりではなく、街中の様々な人を出演させることで飽きない番組にしようという狙い。 素人の中にも面白いキャラクターの人がいるので、そのような人を発掘しようという狙い。 そのような中でも、私が大きな理由だと思うのは、次の2つです。 1つ目は、事前の準備がそこまで大変でないということです。 芸能人を出演させて番組を作るとなれば、その芸能人の予定を押さえ、打ち合わせも行わなければなりません。 スタジオ収録でなければ、芸能人の所属事務所に演出を確認したり、ロケをする場所ごとに使用許可などを取ったりする必要も出てくるでしょう。 また、特殊な出演の仕方でない限り、出演者が揃わなければ番組の収録はできません。 出演者が大御所と呼ばれるような芸能人であれば、接待やご機嫌取りまでしなければならないかもしれません。 しかし、素人であれば、予定を合わせる必要はなく、打ち合わせもほとんど必要ないでしょう。 撮影場所も、凝った場所を用意する必要はなく、最低限の許可を取れば済みます。 (「ア…

続きを読む

意味のない検定試験

こんばんは、ミュウです。 新学年が始まって1週間になりますが、もう新しい環境には慣れたでしょうか? 今年のGWは10連休にもなるので、せっかく慣れたのに間が空いて元に戻ってしまうということのないようにしましょう。 さて、今回の話題は検定試験についてです。 入試で有利になる資格として、検定試験の級所持がありますが、その中でもよく利用されるのが、漢字能力検定(漢検)・英語検定(英検)・実用数学技能検定(数検)の3つです。 今年度の数学検定は、第1回が4/14(日)、つまり明日(日付が変わったので今日)にあります。 この3つの検定は、入試における3教科(国語・数学・英語)に直結する検定であり、その検定である一定の級を所持していると、それだけの能力を持った生徒ということで、内申点に加点される学校が多くあります。 高校入試だと、中学修了レベルの3級が基準となり、それよりも高い級の準2級以上を持っていると加点をする学校が多いようです。 (ただし、高レベルの学校になると、準2級でも加点しない学校はあるようです。) この検定ですが、本来であれば自分の本当の実力を示す証拠の1つになり、当日の調子に左右されて本当の生徒の実力が出せずに入学者選抜が行われるのを防ぐという意味では、入試で意味のあるものだと思います。 しかし、本来ならばそうであるべき検定試験が、実際はそうではないのです。 入試に有利になるとなれば、学習塾が力を入れないはずがありません。 何が何でも合格させるた…

続きを読む

スポンサードリンク