家庭学習しない子どもたち

こんばんは、ミュウです。 異常に体調が悪いのですが、その原因は恐らく生徒の風邪です。 授業中は騒音や空調のために教室を締め切ることが多いので、風邪は一気に広まります。 そのため、塾では体調が悪い生徒はマスクをつけるのがマナーとなっており、注意喚起もしています。 しかし、そんなことはお構いなしに、授業中だろうが締め切った教室内で咳を繰り返す迷惑な生徒が後を絶ちません。 そんな周りへの迷惑を考えない、自己中な生徒がウチの塾にもいるわけですよ…… さて、今回の話題は家庭学習についてです。 ネット上のニュース記事で、気になるものを見つけました。 それは、厚生労働省と文部科学省が共同で調査した結果だそうですが、2001年の1月生まれと7月生まれの子どもたちで、平日に家庭や塾で勉強を「しない」と答えた割合が、中3生は6.0%だったのが、高1生は25.4%だったそうです。 休日も同様の傾向だったそうなのですが、これを見て皆さんはどう思うでしょうか? 確かに受験勉強が終わったことの反動はあると思います。 文科省の担当者は、 「進路の多様性から、必ずしも勉強に集中する必要はないと考える層がいるのかもしれない。」 という分析もしていますが、真っ先に私は違うことを考えました。 それは、学校や塾以外では勉強できない、学校や塾以外で勉強するという考えがそもそもないということです。 今の時代、高校受験に臨む中3生はかなり高い割合で塾に通い、勉強に関しては学校よりも塾の方が専門性の…

続きを読む

間違いの多い言葉【~ということ】

こんばんは、ミュウです。 最近急に気温が下がったせいなのか、体調が悪いです。 毎回のことですが、講習の疲れも出て体調不良になるので、結構辛いです。 もちろん記事は書きますが。 さて、前回の記事では文法的に言葉の使い方を考えましたが、以前の記事「正しいことを知っているかどうか」で書いたように、正しいことを知っていなければ恥をかくことは多々あります。 そのため、よく間違える言葉を、気が付いたときに記事を書いてシリーズ化しようかなと思います。 今回は「~ということ」という言葉。 日常でも文書でも頻繁に使う言葉だと思います。 しかし、この言葉を間違えて使っている人をよく見るのです。 最もやってはいけないのは、「~とゆうこと」と書くことです。 「~ということ」の「いう」は、元々「言う」から来ているようで、「言う」を発音するときに「ゆう」と聞こえることからこのように書く人がいるのだと思いますが、「言う」に「ゆう」という読み方はありません。 ですから、「~とゆうこと」は明らかな間違いです。 これと同じで、「そういう」という言葉を「そうゆう」と書く人がいますが、これも間違いです。 次に、「~と言うこと」と書く場合です。 これについては微妙なようで、「言う」から来ている言葉である以上、漢字で書くものだという考え方です。 実は辞書で調べてみても「~と言う」という漢字表記は出てきます。 しかし、これは使う場面によって判断すべきだと思います。 例えば、 「『あり…

続きを読む

気持ち悪い敬語

こんばんは、ミュウです。 投稿間隔バラバラになっていますが、仕事が不規則すぎます。 あるときは授業準備も終わっていて休めるけど、あるときはプリントを作れだのテストを用意しろだの仕事をどんどん丸投げされますし、思いつきで仕事を増やされるので困ったものです。 さて、今回の話題は敬語についてです。 社会に出れば色々なところで敬語を使いますが、おかしな敬語が当たり前のように使われていることがあります。 その中で今回は、私がよく耳にする「~させていただきます」という敬語を取り上げようと思います。 そもそも「させていただく」は文法的にはどうなっているのでしょうか? 細かく単語で分けると、 さ → 動詞「する」の(口語)未然形 せ → 使役の助動詞「せる」の連用形 て → 接続助詞「て」 いただき → 許可を表す補助動詞「いただく」の連用形 ます → 丁寧を表す助動詞「ます」の終止形 となると思います。 これから考えると、「させていただきます」の意味としては、 「何かをするということを、誰かが自分に行わせる、ということを認めてもらいます。」 ということになるのでしょう。 ……自分でも書いていてわからなくなってきます。 普通はこのように面倒くさく考えるのではなく、自分が誰かのために何かを行うとき、相手の許可を得て何かを行うという表現をすることで、相手の立場が上で自分の立場が下であるということを表していると考えれば良いかと思います。 しかし、自分が行…

続きを読む

スポンサードリンク