埼玉県公立高校入試合格発表

こんにちは、ミュウです。 今日は埼玉県公立高校の合格発表日ですので、以前予告したとおりに、記事を投稿したいと思います。 全員が希望する学校に進学できれば良いのですが、そういうわけにはいきません。 合格して喜び、この先の学校生活に夢を膨らませている人。 不合格で落ち込み、悲しんでいる人。 様々な人がいるでしょう。 もしかしたら、公立高校の欠員募集に回るために、まだ受験が終わらない人もいるかもしれませんが、一応今日で進学先が決定する人が多いと思いますので、区切りとして書きます。 以前の記事「受験に「成功する」「失敗する」とは何か」で私は、第1志望校に合格することが受験の成功ではないということを書きました。 受験はあくまで人生の通過点でしかありませんし、受験がその後の人生に影響を与えることはあっても、受験で人生が決まってしまうわけでもありません。 しかも、「影響を与える」と言っても良い影響か悪い影響かはわかりません。 ですから、合格・不合格の結果で判断する教育関係者が多いでしょうが、私は違う観点で受験生に考えてほしいと思っています。 第1志望校でない学校に進学しても、その学校で過ごす人生があります。 そして、その後の人生がどんなものになるかは、学校によるところもあるでしょうが、生徒自身の意識が1番強く影響します。 もし残念ながら不合格で、いつまでも「あの学校に行きたかったのに……」などと未練タラタラで引きずっていたり、「この学校には来たくなかったんだ」などとまだ…

続きを読む

不倫を別の観点で考える

こんばんは、ミュウです。 2次募集に回る生徒がいなければ公立入試も終わりですが、のんびりはさせてくれません。 そうです、春期講習です。 塾の繁忙期は1年中だと言いたくなるくらい1年中忙しいです。 入試が終わったら、春期講習、1学期中間テスト、期末テスト、夏期講習、2学期中間テスト、期末テスト、冬期講習、入試対策、学年末テスト、入試。 その間に外部模試対策(埼玉県では北辰テスト対策) 毎年その繰り返しです。 さて、今回の話題は不倫についてです。 以前の記事「倫理観の欠如」でも不倫については書きましたが、今回は「生物として」の観点で不倫を考えようというものです。 ふざけているように見えるかもしれませんが、かなり真剣に考えて書いています。 さて、書き始める前に2つ念を押しておきますが、 私は不倫も不倫をする人も擁護する気は全くありません。 私はその道の専門家ではなく、一般教養程度の知識を元に思考を巡らせたものなので、正しくないことが含まれているかもしれません。 それを踏まえてお読みください。 まず始めに、「生物として」というのは何かということですが、「人間として」ではなく「生物として」の観点を優先した物の見方をしようということです。 そのため、人間が持つ「倫理」を無視するような内容も含まれますので、それを承知の上でお願いします。 (意味がわからなくても、読み進めればわかると思います。) 読んでいる最中に不快だと感じた方は、そこでこのページを閉じるか、他の…

続きを読む

ご褒美の使い方

こんばんは、ミュウです。 今日(日付が変わってしまったので正確には昨日)は埼玉県公立高校入試の筆記試験でした。 受験生の皆さん、お疲れ様でした。 明日(正確には今日)も実技試験や面接がある人もいると思いますので、最後の最後まで頑張ってください。 もう試験は終わりで結果待ち!という人も、今日の問題や解答が公開されています。 土・日でも良いので、必ず自己採点をして、間違えた問題の確認をしておきましょう。 (問題はこちらで公開されています → 埼玉県教育局) 入試で勉強したことは、入試で終わりではありません。 この先、高校で学習する内容は中学までの内容を知らなければ理解するのが大変ですし、社会に出ても一般常識として身に付けておくべきもので、それは今までの記事でも散々書いてきました。 また、中学校生活最後の学年末テストがこれからという人も、テストの出題範囲が入試と同じで3年間の全範囲に設定されている学校もあるはずです。 ホッと一息つきたい気持ちはわかりますが、最後の最後までやりきりましょう! さて、受験を終えてから受験生に送りたい言葉は、3/9(金)の合格発表後にしようと思っていますので、今回は違う内容で記事を書きたいと思います。 今回の話題はご褒美についていです。 入試が終わって、あるいは、受験生でなくても、定期テストや部活の大会が終わってなど、何かの区切りで頑張ったことへのご褒美を設定している人も多いでしょう。 そのご褒美とは、自分へのご褒美という人もいるでしょ…

続きを読む

スポンサードリンク