動画投稿のお知らせ<比例・反比例【前編】>

こんばんは、ミュウです。 中学生は定期テスト前後の時期です。 中3生は受験前、しかも高校受験に影響する最後の定期テストだということで、子どもたちはヒーヒー言いながら勉強しています。 もちろん教える側もヒーヒー言いながら働いています。 さて、今日は動画を投稿しました。 本当なら昼間に投稿できるはずだったのですが……さすがブラック企業です。 休みの日でもお構いなしに出勤を強要してくるので、編集作業が遅れました。 今回は比例・反比例についてです。 比例・反比例【前編】 比例・反比例【前編】 (画面が小さかったら、最大化するかYouTubeのページでご覧ください。) 今回は定期テスト前ということで、知人から 「定期テストの範囲になっている比例・反比例で動画を作ってほしい」 というリクエストがありましたので、作ってみました。 「日曜(11/26)までに!」という、忙しい身としてはなかなか厳しい期限付きでしたが…… 「生徒に動画を紹介するから」と交換条件を出してきましたが、本当でしょうか? その生徒さんのコメントでもあればわかりやすいですが……テスト勉強をしているのにコメントなんてしないでしょうね。 ただ、動画投稿がこの時間になってしまったことと、比例・反比例の全内容を網羅できなかったことに関しては、申し訳ないと思っています。 私の力ではこれが限界でした。 なお、動画でわからないことがあれば、YouTubeやこのブログにコメントをしてくださ…

続きを読む

自由の容認と制限

こんばんは、ミュウです。 一気に寒くなりました。 記事を書いている間も体は冷える一方です。 電気代を気にして暖房は使わないようにしているのですが、そろそろ暖房がほしいな…… さて、今回の話題は自由です。 最近のことですが、大阪の高校で地毛証明書を提出させていることが問題視され、地毛が黒でない子の人権が侵害されているというような意見があったようです。 それに追随するかのように、髪の長さやアクセサリー、化粧などのファッションに関することから、制服の存在まで疑問視する意見も出てきているようです。 ここで問題となるのが、子どもたちの自由を制限することが良いことなのかということです。 大人になれば、髪の毛を染める人も多く、アクセサリーもかなり自由につけていますし、化粧もバッチリ決めている女性は多くいます。 制服がなくてかなりラフな格好で仕事をしている会社もあります。 このように、大人はかなり自由にやっているのに、子どもたちの自由を制限することが良いことなのか、大人だけ認められて子どもは認められないのはおかしいのではないか、というのが、子どもたちにもっと自由を与えるべきだと主張する人の考え方です。 ただ、私はこのような考え方には反対です。 何故なら、自由を制限することは教育的に意味があることだからです。 学校で学習することは教科教育以外にも様々ありますが、その中の「集団行動」という部分に大きく関わってきます。 家庭でも躾は行われますが、社会という大きな枠組み…

続きを読む

我慢できない大人たち

こんばんは、ミュウです。 そろそろ冬期講習に向けての営業活動が本格化しています。 夏期講習のときの記事にも書きましたが、ノルマ達成のために執拗に生徒や保護者に講座を勧めるのは本当に苦痛です。 正直に 「ノルマ達成のために営業させられています」 「本当にお子さんにとって必要だから勧めているわけではありません」 と言ってしまいたいです。 さて、前回まで2回に渡り我慢できない子どもたちについて書いてきましたが、我慢できないのは子どもたちだけではありません。 我慢できない大人も多いのです。 ということで、今回は大人の我慢について書きたいと思います。 教育において、我慢は非常に大切な要素です。 子どもたちにとっては、わがままな人間に成長しないようにする上で非常に大事だということは前の記事でも書きましたが、忍耐強さを養ったり、長時間かけて何かを成し遂げなければならなかったりするときにも重要な要素になります。 これに大きく影響するのが勉強です。 一夜漬けのように、短い時間で一気に勉強して瞬発的に成績を上げることはできても、それがほとんど意味のない勉強だということは、以前の記事でも書いてきました。 長期に渡って、しかも基礎からしっかりと理解することが勉強では必要ですが、それはすぐにテストの結果には表れません。 だから、結果が表れなくても「今自分がやっていることはいつか実を結ぶんだ」と忍耐強く続けなければならないものです。 では、大人はどうでしょうか? 外の様子を思…

続きを読む

スポンサードリンク