人工知能と人類の衰退

こんばんは、ミュウです。 子どもたちは夏休みです。 そして、学習塾は書き入れ時の夏期講習です。 毎年のように、あらゆる汚い手を使って講習や講座を受講させようとしなければならないことに、良心が痛みます。 会社や上司の指示とはいえ、人としてやってはいけないことをやっているようで、 「こんな塾潰れればいいのに」 と毎年、毎回思います。 さて、今回の話題は人工知能についてです。 最近よく話題に出る10代といえば、将棋界の藤井聡太四段でしょう。 プロデビューから29連勝という新記録を打ち立て、トップ棋士にも引けを取らない実力の持ち主です。 そんな藤井四段が将棋の研究に活用しているのが、人工知能が使用されている将棋ソフトです。 棋譜を読み込み、人工知能が考える優劣や最善手から研究するそうです。 また、電王戦という将棋タイトル戦が創設され、人間と人工知能コンピューターの対局も行われていますが、対戦成績を見る限りでは人工知能の方が上回っていると言えます。 このように、将棋界でも人間より人工知能の方が強くなっているというのがもはや定説になっていると考えられます。 その他にも、車の自動運転技術にも人工知能が活用されてきていますし、政治の世界では人工知能に政策などの評価をさせるといった手法も検討され始めているという話を聞いたことがあります。 このように、人間は徐々に機械に依存し、機械なしには生きていけない生物となってしまったのではないかと私は感じます。 この「機械に頼…

続きを読む

介護施設で起こった事件

こんばんは、ミュウです。 とうとう1週間以上空けてしまいました。 夏期講習前で来客対応は忙しい。 大学生講師はみんなテスト前だからと出勤してこないので、その分の授業も代わりにやらなければならない。 そんな状態で休みなしで働いていたので、どうかご勘弁ください。 そしてこの先も、夏期講習が待っているわけで…… できるだけ頑張ります。 さて、今回の話題は障害者施設での車中置き去り事件についてです。 最近ニュースでも出ていますが、埼玉県上尾市の障害者施設で、送迎車に取り残された利用者が放置され、熱中症で亡くなった事件がありました。 この事件が発生してしまった原因と言われているのが、 ・複数人の職員で送迎して点呼確認するはずが、事件日は運転手1人だけで送迎を行っていた。 ・昼食時に被害者が不在だということに気付きながらも対応を怠った。 の2点だと言われています。 もちろん施設側に落ち度があったわけですが、少し視点を変えて考えてみましょう。 何故、複数人で送迎するはずなのに、この日は1人しかいなかったのか。 何故、不在に気付いていながら対応しなかったのか。 考えてみてください。 施設の職員の怠慢であればそれまでで、考察する価値もありません。 ただ私は、教員免許を取るために「介護実習」というものを行った経験があります。 介護業界の現場では、過酷な労働環境があることを、私は僅かながら身を持って体験しています。 宿泊する利用者がいる施設であれば、職員は24時間…

続きを読む

味方同士で潰し合いをさせる企業

こんばんは、ミュウです。 1日は24時間で同じはずなのに。 勤務時間も給料が発生する時間も決まってしまっているのに。 何故か仕事は無限に増えていく。 そんな理不尽な仕事が学習塾講師なのだというのを、改めて思い知らされている数週間でした。 最近ではYahooニュースでも学習塾の仕事がブラックだと取り上げられていましたね。 まさにそれです。 そして、あまりに時間がないため、今回の記事でとうとう書き溜めていた記事がなくなります。 最後の切り札として取っておいたのですが……これからも頑張ります。 さて、今回の話題は企業戦略です。 身近にあり、時間にかかわらず買い物ができるコンビニ。 スーパーに行かずとも手軽に買い物ができ、品揃えが豊富になっていることもあり、生活に欠かせないものになっている方も多いでしょう。 そのコンビニについて、皆さんは疑問を感じたことがありませんか? 「何故こんなに近くにコンビニが乱立しているのか?」 「何故同じ企業のコンビニがこんなに近くにあるのか?」 私は長くこの疑問を持っていました。 そして、大人になって、企業の経営戦略などをある程度理解するようになって、何となくその理由がわかるようになってきました。 「このコンビニのこの商品が好き」など、売り上げを左右する要因はいくらでもあるので、ここでは単純化して、 ・ある特定の地域内だけを考え、どのコンビニにも等しくお客さんが行く。 ・地域の売り上げ金額の合計は変わらない。 と…

続きを読む

スポンサードリンク