ステマ問題

こんばんは、ミュウです。 ようやく期末テスト対策が一段落し、冬期講習や受験に向けての最後の(名ばかり)休息が与えられました。 当然フルタイム勤務+サービス残業で、その後は自宅で仕事ですが。 さて、今回の話題はステマについてです。 ステマとは、ステルスマーケティングの略で、実際は広告なのに、広告とはわからない形で評判を広める手法だそうです。 広告であればどこかから依頼され、場合によっては金銭が発生し、良いことばかりを広めようとするものですが、利用者・視聴者の感想や意見となれば、広告よりも中立性があることから、広告よりも良い評判を広める効果は高いようです。 ですから、依頼や金銭が発生していて良い点ばかりを広告しているはずのものが利用者・視聴者のものとして紹介されていれば、それはその広告を見た人を騙しているということになります。 当然、ステマに対する世間の反応は良くありません。 今までも芸能人がサービスを良いものであると紹介していたが、実際は金銭を受け取っていたとか、SNSでご当地称賛の発信をしていたが、金銭を受け取っていたとか、そのような事例があり、関与していた芸能人は批判されています。 特に大きく話題になったのが、2012年にあったペニーオークション詐欺事件。 (以下、「ペニーオークション」を「ペニオク」と略します。) ペニオクとは、仮想通貨でオークションに参加するもので、入札するごとに手数料が、落札するとその金額が、仮想通貨から支払われるというものだそうです。…

続きを読む

汚れた金

こんばんは、ミュウです。 今回の話題は、ブラック企業のホワイト化についてです。 ブラック企業として有名でよく名前が挙がるのが「ワタミ」。 そのワタミの創業者である渡邉美樹氏は、2013年に参議院選挙に比例区の自民党公認候補として立候補して当選。 6年の任期を終え、今年政界を引退してワタミの代表取締役に復帰した際、ワタミがホワイト企業認定を受けたと明らかにしたそうです。 データとして離職率も大幅に改善し、その他においても評価されてのホワイト企業認定でしょうから、その事実“だけ”は評価されるべきだと思います。 ”だけ”というのは、まだワタミがホワイト企業としてこの先もやっていくとは限らないからです。 まず、ホワイト企業としての転換を迎えた理由として指摘されているのが、赤字が膨らんだことです。 ブラック企業としての悪評が効いたのか、ワタミは一時期資金枯渇の恐れがあったということなのです。 このまま悪評が続けば、ワタミという会社は倒産間違いなしという状況まで追い込まれた。 そうなれば、悪評を覆すためには嫌でも労働環境改善をしなければならないでしょう。 つまり、ホワイト化が倒産回避や儲けるための手段でしかないのであれば、また業績回復したらブラック化する可能性は否定できないのです。 それともう1つは、創業者の渡邉氏の復帰です。 そもそもワタミのブラック化は、渡邉氏の経営理念や方針が原因であると言われていました。 「24時間365日働け」 「鼻血を出そうが倒れよ…

続きを読む

約束

こんばんは、ミュウです。 またもや日曜日の深夜だというのに、なぜ私は仕事に追われているのでしょうね…… これから年末に向けて本格的に冬期講習+受験モードに入ってきますし、今年も心身が保てば良いのですが。 さて、今回の話題は約束についてです。 いつだったか忘れましたが、Yahooニュースのトップに、「幕末志士の坂本が活動休止」という記事を見つけました。 幕末の坂本って、あの歴史上の人物の坂本龍馬??と、意味がわからなかった私は、記事を見てみました。 どうも、今増えているYouTuberの中でも人気のある「幕末志士」という2人組がいて、その片方の「坂本」という方が活動休止するとのことでした。 人気があるということだったので、試しに動画を見てみたのですが、確かに面白かったです。 ただ、今回はそこではなく、その後にその方の情報を調べてわかったことについて書きたいのです。 どうもその坂本という方は、動画を投稿すると予告しておきながら度々延期している方なのだそうで、それでトラブルや炎上を度々起こしていることでも有名なのだそうです。 そして、動画の投稿を延期することで、ファンが待ち切れずに前の動画を見るらしく、それによって再生数を伸ばすことが「幕末式再生工作法」と呼ばれるほど、人気と共に悪評もあるようです。 動画を見る暇なんてない私もこれが気になって、それから動向を気にしていたのですが、ニュースになっていた活動休止ですら延期を繰り返し、大した活動休止もしないまま復帰…

続きを読む

スポンサードリンク